~そうだ、FIREしよう~
高配当株を中心とした長期投資ブログです。投資と貯蓄で経済的自由を目指します。
銘柄情報

米国株増配株式 ETF VIGに投資している理由

安定性を重視する投資家に人気の、バンガード 米国増配株式 ETF(VIG)について紹介します。

私の保有している米国株のポートフォリオに組み入れている銘柄です。分配金の利回りはさほど高くありませんが、高いトータルリターンが期待でき、暴落時にも底堅い為、ポートフォリオの安定感を高める為に組み入れています。

VIGとは?
  • 10年以上連続増配の実績を持つ米国株に投資する連続増配ETF
  • 右肩上がりの分配金推移を期待できる
  • 高いトータルリターンが期待できる
  • 資産運用会社はバンガード
  • 下落局面に強い

10年以上連続増配の実績を持つ米国株に投資する連続増配ETF

米国の10年以上連続増配の実績を持つ企業に投資しているETFです。

構成銘柄(組入上位10銘柄)は下記になります。

ティッカー銘柄名セクター比率(%)
JPMJPMORGAN CHASE & CO金融3.90
JNJJOHNSON & JOHNSONヘルスケア3.80
MSFTMICROSOFT CORP情報技術3.80
WMTWALMART INC生活必需品3.40
UNHUNITEDHEALTH GROUP INCヘルスケア3.10
VVISA INC情報技術3.10
PGPROCTER & GAMBLE生活必需品3.00
HDHOME DEPOT INC一般消費財2.90
CMCSACOMCAST CORP消費者
サービス
2.20
KOCOCA-COLA CO生活必需品2.00
Vanguard提供 (2021年3月31日)

資産構成(上位9セクター)は下記になります。

セクター比率(%)
資本財21.8
一般消費財16.6
ヘルスケア15.4
金融13.9
情報技術13.0
生活必需品10.3
公共事業3.8
素材3.0
通信2.2
Vanguard提供 (2021年3月31日)

構成銘柄には有名な名門企業がずらりと並んでいます。コアセクターは「資本財、一般消費財、ヘルスケア」になっていてディフェンシブよりです。

右肩上がりの分配金推移を期待できる

過去5年間の年間分配金と増配率は下記になります。

年間分配金($)増配率(%)
20202.2977.6
20192.1344.7
20182.0386.2
20171.9195.1
20161.8260.3

配当利回りはおおむね2.0%ほどの水準ですが、年間分配金は右肩上がりになっていますので将来の分配金に期待できます。

高いトータルリターンが期待できる

高いトータルリターンが期待できるファンドです。VIGの直近10年間のパフォーマンス推移は以下の通りです。

Vanguard提供 (2021年3月31日)

設定来のトータル・リターンは年利12.54%(税引き前)になり、設定日に100万円投資していたら、10年間でざっくり320万円になっている計算(配当金は再投資)になります。

※トータルリターンとは「配当金+値上がり益」のことです。

資産運用会社はバンガード

世界の資産運用会社ベスト3の1つ「バンガード」が運用している為、経費率が激安で保有コストは年間でたったの0.06%です。ちなみにあとの2つは「ブラックロック」と「ステートストリート」です。

下落局面に強い

リーマンショック時のパフォーマンスをVIGとS&P500で比較してみました。

VIGS&P500
最大下落率約-43%約-52%
分配金の減少率約-5%約-20%

最大下落率、分配金の減少率ともにVIGの方が低く、底堅いことが分かります。

まとめ

VIGは高いトータルリターン、分配金の増配が期待でき、暴落時に底堅いETFだと思います。ポートフォリオの安定性を高める為に組み入れる銘柄候補のひとつになるのではないでしょうか。

免責事項

当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、正しい情報を提供することに務めてはおりますが確実性を保証していません。サイト内の記載情報を利用することで被った損害等全ての結果につきまして、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。各人の投資行動においては、ご自身の判断と責任において慎重に行うようにお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村